JR東日本

107系

 JR東日本の107系は日光線や両毛線の165系を置換えるのために製作された系列で,車体は国鉄105系に準じた20m車,3扉構造で,165系の廃車に伴う発生品が多く転用されています。
2015/03
吾妻線の終点である大前で出発を待つ107系100番台R15編成。 No.D700_150322-227
2015年3月22日
107系100番台
吾妻線 大前
1996/10
No.361-1
1996年10月24日
107系100番台
両毛線 岩舟←大平下

1M電車である107系100番台は2両単位で運行できます。通勤時間帯にはこのように複数編成を連結して運用されます。6両編成で朝の両毛線をゆく107系。

 2015年3月29日 ページ新設