JR北海道  キハ281系
 キハ281系は函館〜札幌間高速化のため1991年から開発された特急形振子式気動車で,JR四国の2000系の仕様をベースに設計され,1992年に試作車,1993年から量産に移行,1994年3月1日のダイヤ改正から「スーパー北斗」として営業運転を開始しました。最高速度130km/h,本則+30km/hの性能を持っています。これによりキハ183系「北斗」による函館〜札幌間を3時間29分を2時間59分に短縮しました。なお本系列の製造は27両で終了し,改良形キハ283系に移行しています。
2017/09
No.D700_170901-181
2017年9月1日
キハ281系 スーパー北斗
733系 はこだてライナー
函館本線 函館
函館駅ではこだてライナーと並ぶ281系。
No.iP170901-7080
2017年9月1日
キハ281系 スーパー北斗
函館本線 函館
FURICO281のロゴ。このコマのみ733系車内からiPhone7で撮影。
No.D700_170901-199
2017年9月1日
キハ281系 スーパー北斗
函館本線 五稜郭
五稜郭に停車中のスーパー北斗,7両編成です。先行のはこだてライナーで急病人のため10分ほど遅れていました。札幌方には貫通幌枠がついています。
No.D700_170901-200
2017年9月1日
キハ281系 スーパー北斗
函館本線 五稜郭
札幌に向け五稜郭を発つスーパー北斗。函館方は貫通幌枠がなくすっきりしています。
No.D700_170901-215
2017年9月1日
キハ281系 スーパー北斗
函館本線 五稜郭
函館行きのスーパー北斗が到着。

 2017年9月17日 ページ新設

参考文献
 Wikipedia JR北海道キハ281系気動車