JR東日本

E721系
 E721系はJR東日本の交流一般形電車で,仙台支社の在来線車両更新と仙台空港アクセス線の運用を目的に開発されました。従来は455系,457系,7171系,417系など,2扉車が多く,高さ920mmや760mmの低いホームに対応させるためのステップもあって乗降に時間を要していました。E721系は3扉とし,低床,ステップレス化を実現し乗降の円滑化が図られています。
2016/6
No.D700_160618-122
2016年6月18日
E721系+701系
東北本線 五百川←本宮
701系と連結されるE721系。P-44編成です。
2016/3
No.D700_160317-007
2016年3月17日
E721系
東北本線 仙台
仙台空港アクセス線乗り入れに使われるE721系500番台。写真はP-501編成,手前はクハE720-501です。
2012/7
No.D700_120721-075
2012年7月21日
E721系
東北本線 杉田←本宮
福島行きの下り普通列車。先頭はP-25編成,クモハE721-25+クハE720-25です。
2011/12
No.D700_111230-2
2011年12月30日
E721系
東北本線 郡山
郡山に停車する福島行き東北本線下り普通列車,E721系P-40編成。前方4両は701系です。手前からクハE720-40−クモハE721-40です。
No.D700_111230-3
2011年12月30日
E721系
東北本線 郡山
東北本線黒磯行き,E721系P-41編成。編成は手前からクハE720-41−クモハE721-41です。

 2017年7月23日  テストページ立ち上げ
 2017年7月29日  ページ新設