国鉄型と阪急を中心に,少し手を入れた車両を紹介していきます。まずは阪急から


阪急電車
 07年9月,GMの2800系8両完成品の投入からスタートし,鉄コレ810系,1010系と増備しました。その後,2010年秋からは,1995年以前に車体だけ組んであったGMエコノミーキットで7000系の製作に本腰を入れ,2011年2月にようやく完成しました。
 2000系は大震災前日の2011年3月10日に鉄コレ4セット(8両)が回着,余震の続く中工事を進め,2011年6月11日に2050Fの7両が完成しました。次はKATOの6300系8連を仕入れて登場時の姿に戻す予定です。

製作記事のページ
810系 1010系・1100系 2000系 2800系 6300系 7000系

◆ようやく7000系のページ作成しました◆

*2000系以降の記事作成が進まないので,とりあえず完成した車両の写真↓だけ見てくださいね。


左から阪急1010・1100系,810系,7000系,2800系の揃い踏みです。
阪急810系の先頭車814と866です。
左から阪急814,864,815,866の4両です
阪急1010・1100系の先頭車,1035と1111です。
阪急2000系の先頭車,2050と2020です。2050が大阪梅田向き,2020が神戸三宮向きです。2000系は鉄コレの塗装が自分のイメージに近かったので,マルーン塗装はしていません。というか,アルミサッシの塗装は7000系の8両でこりごりです〜。
阪急2050と1111,梅田方先頭車同士の並びです。見えにくいですが2050など2000系初期車両は両開き扉の合わせ部分の銀色を消してあります。
阪急814と1111の並びです。
阪急7000系の先頭車,神戸向きの7100と梅田向きの7000です。落成時のイメージが出るようにつやつやに仕上げました。
阪急7100と2020は神戸方先頭車同士です。2020の常務員室仕切りにクリーム色を塗装していますので,がストロボに反射してデコラっぽい色に写りました。
阪急1111と7000,梅田方の先頭車同士の離合シーンです。
阪急2020,神戸三宮行き。7両編成の先頭に立つ雄姿です。写真はF32まで絞っていますがピントが出ません。Nゲージの撮影は実車より難しいです。
上と同じく2020です。2000系は足回りと屋根周りを走り込んだ色にして頭の中にあるイメージに近づけました。