100系

 100系は1985年に誕生した2代目新幹線です。16両編成のうち12両を電動車とし,残りの付随車のうち2両または4両を2階建て車両としてグリーン車や個室,食堂車に充てました。特に2階建て4両のV編成はJR西日本の看板列車「グランドひかり」として,山陽新幹線区間では営業最高速度230km/hで運転されました。100系の顔は0系に比べて前照灯が細い"流し目"でノーズも先鋭な形状になりました。100系は任意の時点でONできるパワー半導体"サイリスタ"を使って電動機に供給する電力を制御する方式を採用しています。当初,パンタグラフは電動車12両に対応する6基を搭載していましたが,'91年に地上側設備がATき電化され,高圧ケーブルを車両間に引き通す「特高圧引き通し」が実現しました。この結果,パンタフラフは3基に減り,騒音低減につながりました。100系は1,056両が製造されて活躍し,'12年に引退しました。

2018年5月
京都鉄道博物館に展示されている元V3編成先頭車の122-5003。
(2018/05/26追加))
No.D700_180502-149
2018年5月2日
122-5003 (元122-3003)
京都鉄道博物館
2012年1月
美しく整備・保存されている100系先頭車123形式。 No.D700_120104-420
2012年1月4日
123-1
リニア・鉄道館
No.D700_120104-415
2012年1月4日
123-1 168-9001
リニア・鉄道館

2両目に2階建て車両168形式(食堂車)を連結しています。
No.D700_120104-472
2012年1月4日
123-1 21-86
リニア・鉄道館

0系21形式と並んだ123形式。
2008年8月
No.D200_080826-5
2008年8月26日
100系 P7編成
山陽新幹線 岡山

4両に短編成化され最後の活躍をする100系。先頭車はグランドひかりの先頭車を務めた制御電動車121形式です。
1993年4月
No.295-01
1993年4月28日
0系 100系
東海道新幹線 東京

東京駅15番線に到着した「こだま」Yk18編成と16番線に入線したG43編成。
No.295-02
1993年4月28日
100系 G43編成
東海道新幹線 東京


上と同じG43編成です。当時,1号車だけ禁煙車でした。
(2013/09/08追加)
1989年8月
No.169-03
1989年8月16日
100系 G13編成
東海道新幹線 新大阪


344Aとしてひかり運用につくG13編成。
(2013/09/15追加)
No.169-09
1989年8月16日
100系V1編成
山陽新幹線 新大阪


グランドひかり,V1編成です。先頭車は122-3001で,M'c車であり,ノーズ下部に空気取り入れ口があることでX編成やG編成と区別できます。
(2013/09/15追加)
1988年5月
No.164-25
1988年5月7日
100系 X6編成
東海道新幹線 新大阪


100系同士の並び。手前はX6編成です。
(2013/09/15追加)

 2013年9月1日 作成

■参考文献
 Wikipedia 新幹線100系電車