阪急電車

5200系

 5200系は阪急最初の冷房車両として1970年に5000系をベースとして製造されました。冷房装置は集約分散式と呼ばれるタイプで,以後,阪急の冷房方式の標準となりました。車体外観は軒面から上部を変更して天井内にダクトを通したため,5000系に比べて屋根が深くなっています。


 70年代後半の神戸線での5200系編成表です。

←梅田 三宮→
5200F
5201F
5202F
 5202Fは一時5000系と混結されていました。1979年7月から下の編成に組み替えられています。
5202F
その2
5203F
 この5203Fも1979年夏に下の編成に組み替えられています。
5203F
その2

5100系

 5100系は5200系の改良車として1971年から製造された神宝線用量産型冷房車両で,制御機器には保守簡略化のため電子機器を多用しています。また,阪急で初めて下枠交差形パンタグラフを採用しました。1973年以降の新造車両から5300系と同様に2台設置となっています。


 70年代後半の神戸線での5100系編成表です。

←梅田 三宮→
5104F
5130F
5132F
5140F
5144F

2012/1
No.D700_120103-230
2012年1月3日
宝塚線 十三→中津
5115(5100F) 8両
普通 梅田行

原形のクーラに感動します。編成は5100-5650-5651-5101+5114-5761-5794-5115です。
No.D700_120103-234
2012年1月3日
宝塚線 十三
7011F急行 宝塚行と
5108F普通 梅田行

5108Fの編成は,5108-5658-5659-5109+5142-5141-5124-5125です。
No.D700_120103-243
2012年1月3日
宝塚線 十三
5100F急行 宝塚行と
5104F普通 梅田行

5100Fの編成は5100-5650-5651-5101+5114-5761-5794-5115です。5104Fの編成は,5104-5654-5685-5105+5110-5143-5126-5145です。
1984/7
No.58-5
1984年7月16日
京都線 十三
5130F 6両
回送


正雀から回送されてきた5100系が十三の側線に入り,宝塚線にバックします。編成は5130-5680-5672-5131-5122-5123の6両です。

5100系は,昭和45年からの5200系による冷房試験の結果を踏まえて昭和46年から製造された神宝線用の量産化冷房車です。
No.58-6
1984年7月16日
京都線 十三
5123(5130F) 6両
回送


十三の側線に入る5130F。阪急といえばやっぱりこの顔でしょう。クリアな写真があって良かった。

 2009年7月25日 ページ作成開始
 2009年8月15日 ページ公開
 2009年11月28日 編成表作成
 2011年11月19日 形式毎ページ分離

■参考文献
 ・神戸大学鉄道研究会編 丙線 第30号 阪急電鉄特集 1984年11月発行
 ・篠原 丞 2000系から8000系に至る阪急電鉄新系列高性能電車の系譜 鉄道ファン 328 1988年8月号
 ・篠原 丞 2000系から8000系に至る阪急電鉄新系列高性能電車の系譜 鉄道ファン 332 1988年12月号
 ・阪急電鉄・諸河 久共著 日本の私鉄F 阪急 カラーブックス 保育社
 ・阪急電鉄開業100周年記念HANKYU MAROON WORLD 阪急電車のすべて 2010 阪急コミュニケーションズ