阪急電車

810系

 810系は1950(昭和25)年から1954(昭和29)年まで製造された車両で,これ以後の阪急の寸法の基準を確立しました。具体的には車体長は19000mm,車体幅は2750mm,高さ4260mmとしています。製造当初は2扉車であり,車内にはアルミ合金を多用し,またクロスシートが採用されています。

■1次車 810形(810〜813)+860形(860〜863) 
600Vと1500Vの複電圧車。神戸線(当時600V)と京都線(1500V)との直通特急として活躍しました。複電圧車であるため他形式との混結はできませんでした。台車はビルドアップ・イコライザー台車。直通特急運用は1951年10月に廃止されたため,その後は神戸線で活躍しています。

■2次車 814形(814〜817)+860形(864〜867)
1952(昭和27)年に登場した宝塚線用の増備車で600V車。ロングシート仕様。台車はゲルリッツ式のFS-103です。

■3次車 818形(818〜822)+860形(868〜872)
神戸線用の増備車です。基本的な仕様は814形と同じで600V,ロングシート車です。神戸線用。室内灯の蛍光灯化がなされています。820以降は屋根の鋼体化も実施。最終増備車の822+872は京都線用710系として製造途中から810系に変更したため,主電動機や台車(FS-103K)が異なっています。


■77年頃の甲陽線の編成です。2連で,貫通扉はありませんでした。

←甲陽園 夙川→
816F
817F


■79年秋以降は下の編成に組み替えられて今津線で活躍しました。
 
←今津 宝塚→
810F
6連

 トップナンバー810を先頭にした1次車による6両です。
814F
6連

 814形と呼ばれる2次車で構成された6両です。865と816は運転台撤去車です。
 当鉄道局では鉄コレでこの6両を再現しました。→模型も見てネ!
817F
6連

 2次車と3次車で編成された6両です。867と818も運転台撤去車です。
820F
6連

 3次車が1次車を挟んだ編成です。

■伊丹線での4連。

←塚口 伊丹→
810F
820F

■1985年3月のさよなら810系編成。
820F
その3

No.N8106-3
1981年9月2日
今津線 西宮北口
810系 820F 6両

西宮北口に到着する宝塚発今津行きです。もっと以前には神戸線を駆けていた810系が,この時代,今津線に転じて活躍していました。窓枠がニス仕上げとなっており落ち着いた雰囲気の車両でした。なお,810系は800系とは前照灯の形状が異なります。オリジナルはいずれも1灯でした。
No.N8106-10
1981年9月2日
今津線 今津
810系 814F 6両


半径60mの急カーブを曲がって終点今津に進入する814の6連。上と同じ日です。阪神武庫川線は当時まだ武庫川団地まで延伸されておらず,今後どうなるのか?という時期であり,秋の文化祭に向け鉄研メンバと取材に行った行き帰りに撮影したものです。編成は上の表に示す6連です。
No.92-2
1985年3月3日
今津線 西宮北口
810系 871(820F) 6両

820-870-815-865-821-871の6両編成を用いたさよなら運転です。ニス塗りの窓枠が懐かしいです。さよならマークは昔の特急マークのデザインです。
No.92-3
1985年3月3日
今津線 西宮北口
810系 871(820F) 6両


上と同じ編成です。貸切マークも誇らしげに本線を快走して別れを惜しみました。

 2009年7月25日 ページ作成開始
 2009年8月15日 ページ公開
 2009年11月28日 編成表作成
 2011年11月19日 形式毎ページ分離

■参考文献
 ・神戸大学鉄道研究会編 丙線 第30号 阪急電鉄特集 1984年11月発行
 ・篠原 丞 2000系から8000系に至る阪急電鉄新系列高性能電車の系譜 鉄道ファン 328 1988年8月号
 ・篠原 丞 2000系から8000系に至る阪急電鉄新系列高性能電車の系譜 鉄道ファン 332 1988年12月号
 ・阪急電鉄・諸河 久共著 日本の私鉄F 阪急 カラーブックス 保育社
 ・阪急電鉄開業100周年記念HANKYU MAROON WORLD 阪急電車のすべて 2010 阪急コミュニケーションズ