電車館/民鉄

伊豆箱根鉄道
伊豆箱根鉄道は大雄山線[小田原〜大雄山間9.6キロ]と,駿豆線[三島〜修善寺19.8キロ]の路線があります。軌間1067mm,現在1500V直流電化されています。
1982/03 駿豆線
No.N8202-1
1982年3月6日
伊豆箱根鉄道駿豆線 三島
1000系(元西武501系)


1000系はオリジナル車の編成と西武鉄道から譲渡された501系を改番した編成とがあり,これは後者の方です。前面にナンバー表記がなく編成を絞り込めません。
No.N8202-3
1982年3月6日
伊豆箱根鉄道駿豆線 三島
1000系(オリジナル2次形)


こちらは伊豆箱根オリジナル1000系。国鉄特急塗色に似た翼デザインの塗色です。このあと修善寺YHに宿泊しました。
No.N8202-4
1982年3月7日
伊豆箱根鉄道駿豆線 修善寺
3000系 3003F


伊豆箱根鉄道オリジナルの3000系第2編成,1980年製造のクモハ3003-モハ3004-クハ3502です。早朝の修善寺発の列車で,扉は手前の1箇所のみ開いています。
左側の1000系オリジナル1次形車は上のNo.N8202-3の2次形車と比べて方向幕がなく,前照灯と尾灯も独立しています。3000系は上のNo.N8202-4と同じ編成です。 No.N8202-6
1982年3月7日
伊豆箱根鉄道駿豆線 三島
1000系(オリジナル1次形),
3000系 3003F
ターミナル三島駅における1000系と3000系3編成の並びです。 No.N8202-8
1982年3月7日
伊豆箱根鉄道駿豆線 三島
1000系(オリジナル1次形),
3000系 3003F,3001F

 2015年2月1日 作成

 ■参考文献
 ・ 今尾恵介監修 日本鉄道旅行地図帳4号 関東2  新潮社 (2008.8)
 ・ Wikipedia 伊豆箱根鉄道1000系電車,伊豆箱根鉄道3000系電車