関東鉄道
気動車 ディーゼル機関車

 関東鉄道では以前存在した常総線の貨物列車や旅客列車,団体臨時列車,譲渡/新製車両などを牽引するためにディーゼル機関車を保有していましたが,2007年以降休車になっています。

形式 番号 製造年 製造所 履歴
DD50 DD502 1956年 日本車輌製造 関東鉄道が常総筑波鉄道時代に自社発注したセミセンターキャブのロッド式ディーゼル機関車。新製時の機関はDMF-36S (450PS) 1基,変速機はDS形。軸配置はB-B,全長11,000mm,全幅2,720mm,全高3,855mm,重量33.7t。

DD502
No.D850_220806-038
2022年8月6日
DD502
関東鉄道 水海道車両基地
右の車が邪魔ですがなんとか車体に掛からない位置から撮影。休車になってから年月が経過しており赤錆が痛々しい。

 2022年8月16日 ページ新設


■ 参考文献
 Wikipedia 関東鉄道DD502形ディーゼル機関車

気動車 ディーゼル機関車