Kano鉄道局トップ   花鳥風月

金環日食2012

 鉄道とはまったく関係ありませんが,当鉄道局においても金環日食を観測しましたので急遽"番外編"を作り写真を掲載します。ご覧ください。ちなみに撮影機材は"鉄道撮影用"のニコンD700,AiAF Nikkor ED 300mm f/4S (IF),20年前に野鳥用に購入していたTeleconverter TC-301S,三脚はHUSKY4段ハイボーイ。今回導入したのはND100000相当の100mm□アストロソーラーフィルタ,Kenkoマルチホルダー100,同ホルダーの口径82mm用アダプタ,それに10ピンターミナル対応のリモートコードMC-30です。D700はDXフォーマットで撮影しましたので,元データはNEFで2784×1848ピクセルあります。これをNX2上で1200×800ピクセルにクロップしてJPEGに変換後,Web貼り付け用に当鉄道局標準の600×400ピクセルに落としています。それ以外のレタッチはしていません。というか,この手の写真はどうレタッチしたら良いかわかりません。

No.D700_120521-4
2012年5月21日
6時21分45秒

第一接触直後。右上からかけ始めています。黒点が3箇所に見えます。
No.D700_120521-8
2012年5月21日
6時25分17秒


太陽の周囲は周辺減光によりグラデーションが付いて見えるのに対し月の影は切り取ったようにくっきりしています。
No.D700_120521-15
2012年5月21日
6時37分44秒


右上の黒点が隠れました。
No.D700_120521-18
2012年5月21日
6時46分6秒
No.D700_120521-24
2012年5月21日
7時7分41秒


中央上部の黒点が隠れました。
No.D700_120521-30
2012年5月21日
7時22分34秒


左下の黒点に迫る月。
No.D700_120521-39
2012年5月21日
7時28分04秒
No.D700_120521-54
2012年5月21日
7時33分51秒


No.D700_120521-63
2012年5月21日
7時34分14秒


第二接触です。
No.D700_120521-66
2012年5月21日
7時34分31秒


金環になると周囲から歓声が上がりました。なんとも神々しい瞬間です。
No.D700_120521-74
2012年5月21日
7時36分14秒


このあたりが金環日食のピークです。周囲は夕方のような雰囲気になりました。近所の犬が吠えました。ヒヨドリもピーヨピーヨ鳴きました。これは普段通り?
No.D700_120521-78
2012年5月21日
7時37分57秒


金環の厚みが徐々にアンバランスになっていきます。
No.D700_120521-82
2012年5月21日
7時38分46秒


このあたりで第三接触です。
No.D700_120521-83
2012年5月21日
7時38分53秒


金環が崩れました。月表面の凹凸のため光がまだらになっています。
No.D700_120521-85
2012年5月21日
7時39分9秒
No.D700_120521-88
2012年5月21日
7時40分33秒


円からC型に急速に変化します。
No.D700_120521-95
2012年5月21日
7時46分48秒


右上の黒点が復活です。
No.D700_120521-103
2012年5月21日
7時56分55秒


どんどん太っていきます。
No.D700_120521-108
2012年5月21日
8時4分29秒


金環から僅か30分でこんなに変化しました。
No.D700_120521-116
2012年5月21日
8時15分33秒


中央付近の黒点も復活。
No.D700_120521-128
2012年5月21日
8時33分53秒
No.D700_120521-136
2012年5月21日
8時47分54秒


左側の黒点も復活。
No.D700_120521-142
2012年5月21日
8時58分03秒
No.D700_120521-147
2012年5月21日
9時02分07秒
No.D700_120521-154
2012年5月21日
9時04分09秒


第四接触間近。
No.D700_120521-156
2012年5月21日
9時04分59秒


月が完全に離れました。お疲れ様でした。当地ではお天気が良くてようございました。

 2012/5/22 開設