681系
 681系は従来の485系を置換えスピードアップを図る目的でJR西日本と北越急行が設計,製造した交直流特急形電車です。JR線内で最高速度130km/h,W編成と2000番台は,ほくほく線内で160km/hの最高速度の性能を持っています。1992年7月に量産先行試作編成が登場し,1997年までに両社合計で102両を新製しています。
2012/1
量産先行試作のW01編成。6+3に改造されています。 No.D700_120104-318
2012年1月4日
681系 サンダーバード
湖西線 大津京
1999/5
田植えの頃,湖西線をゆく681系サンダーバード。 No.389-27
1999年5月3日
681系 サンダーバード
湖西線 マキノ→永原
681系量産車の編成は大阪寄りに基本編成6両,付属編成3両の9両編成となっています。 No.390-06
1999年5月3日
681系 サンダーバード
北陸本線 敦賀→新疋田
美しい編成美を誇る9両貫通の量産先行試作車編成。量産車に準じた改造がなされた後も9両貫通のままでしたが,運用が限られるため,このあと2001年9月に6+3両に分割するための改造工事が施工されています。 No.390-16
1999年5月3日
681系 サンダーバード
北陸本線 敦賀→新疋田
敦賀に向け勾配を下っていく681系。 No.391-7
1999年5月3日
681系 サンダーバード
北陸本線 敦賀←新疋田
 2015年7月16日 ページ新設