JR九州

787系
 787系はJR九州の主力特急電車で,811系電車の走行システムをベースに1992年に開発され,当初鹿児島本線の特急「つばめ」に投入されました。デザインは水戸岡鋭治氏主宰のドーンデザイン研究所が手がけています。1992年〜2002年間に、日立製作所および近畿車輛で計140両が製造されています。
2015/09
大分で815系と並ぶ787系。 No.D700_150903-42
2015年9月3日
787系
日豊本線 大分
大分で発車を待つ787系「にちりん15号」 No.D700_150904-166
2015年9月4日
787系
日豊本線 大分
2012/01
連続立体化工事の最中の大分駅。久大本線や豊肥本線は既に後方の高架ホームに移っていました。 No.D700_120126-4
2012年1月26日
787系
日豊本線 大分
国鉄時代の雰囲気が残る大分駅に停車中の787系です。 No.D700_120126-16
2012年1月26日
787系
日豊本線 大分
2011/04
使ったレンズがVR18-200mm f/3.5-5.6Gの高倍率ズームで,鮮明度に欠けます。 No.D200_110429-3
2011年4月29日
787系
鹿児島本線 博多
門司港の電留線で待機する787系 No.D200_110429-132
2011年4月29日
787系
鹿児島本線 門司港
2009/03
多々良川橋梁へのカーブをゆく787系 No.D200_090307-31
2009年3月7日
787系
鹿児島本線 箱崎→千早

 2015年9月12日 ページ新設