DD54 1〜40

 DD54は1966年から1971年にかけて製造された国鉄の亜幹線用ディーゼル機関車です。DD51のように2エンジン方式ではなく,西ドイツのマイバッハ社製1820PSの大出力エンジン1基を搭載することによる低コスト化を図っています。軸重14tにするため軸配置はB-1-Bとなっています。40両が三菱重工業で製造され,山陰本線,福知山線,播但線などで活躍しましたが,エンジンの欠陥で1978年までに全機廃車になっています。

DD54 33 
No.D700_120103-276
2012年1月3日
DD54 33
交通科学博物館

弁天町に展示されていた頃。写真撮るスペースがほとんどありません。
No.D700_120103-277
2012年1月3日
DD54 33
交通科学博物館

1END側。なんとかサイドを入れて撮っています。
非公式側面の切り抜き文字と三菱重工のメーカーズプレート No.D700_120103-279
2012年1月3日
DD54 33
交通科学博物館
No.D700_120103-283
2012年1月3日
DD54 33
交通科学博物館

2END側です。
2END側のタブレットキャッチャーです。 No.D700_170505-276
2017年5月5日
DD54 33
京都鉄道博物館
No.D700_170505-277
2017年5月5日
DD54 33
京都鉄道博物館


京都では柵が増えてやはり正面しか撮れませんね。

 2017年6月11日 作成

■参考文献
 最新JR機関車 ヤマケイレイルブックス12 広田尚敬 坂正博 山と渓谷社 2002年3月