DF200

 DF200は,DD51に代わる北海道の大半を占める非電化区間向けの動力車としてJR貨物が1992年から導入した電気式ディーゼル機関車で,V型12気筒ディーゼル機関により発電した電力によりVVVFインバータを介して320kWの電動機(FMT100)6基を駆動する方式を採用しています。

■900番台(901):1992年に川崎重工業で落成した試作機。エンジンは1,700PS/1,800rpm×2基。スカートは赤色。前照灯は正面窓上に4個。

■0番台(1〜12):1994年〜1998年に製造された量産機。前照灯は窓上2個,窓下に2個。

■50番台(51〜63):1999年〜2004年に製造。エンジンは1,800PS/1,800rpm×2基に変更。スカートは灰色。

■100番台(101〜123):2005年〜2005年に製造。VVVFインバータのスイッチング素子をGTOからIGBTに変更。

■200番台(223):保安装置などの改造により123号機を改番。

■7000番台(7000):2013年にJR九州のクルーズトレイン”ななつ星”用に装備を変更し1両のみ新製。

DF200-53
No.D700_170901-208
2017年9月1日
DF200-53
函館本線 五稜郭
美しいフォルムの50番台,53号機。
DF200-7000
No.D700_150904-85
2015年9月4日
DF200 7000
大分
入換灯を点灯させて77系に近づくDF200-7000。ゴテゴテと悪趣味な装飾はふんだんに施されていますが,肝心のナンバープレートがありません。
No.D700_150904-93
2015年9月4日
DF200 7000
大分
連結完了。出発信号を超えているので一旦30mほど下げられます。
No.D700_150904-95
2015年9月4日
DF200 7000
大分
JR貨物のDF200とは異なる密着自動連結器です。
No.D700_150904-121
2015年9月4日
DF200 7000+77系
大分
この日のななつ星は日豊本線上り,臼杵方から大分に到着,DF200-7000は一旦整備の為単機で大分区に回送,ほどなく大分駅に戻り,久大本線への進入に向け1号車に連結されました。
No.D700_150904-137
2015年9月4日
DF200 7000
大分
遊園地の機関車のような雰囲気です。

 2017年9月2日 作成

■参考文献
 Wikipedia JR貨物DF200形ディーゼル機関車