京都市電

ここでは京都市電の写真を掲載します。

2015年8月
Liイオンバッテリ電源で走行するハイテクな狭軌1型 27です。
(2015/8/22追加)
No.D700_150815-135
2015年8月15日
梅小路公園市電ひろば
京都市電 狭軌1型 27
890の車内,再訪です。
(2015/8/22追加)
No.D700_150815-130
2015年8月15日
梅小路公園市電ひろば
京都市電 890
2014年10月
堂々たる風格の935号。休日のみ案内所になっています。塗装が新しく新車の輝きです。
(2014/10/18追加)
No.D700_141011-129
2014年10月11日
梅小路公園市電ひろば
京都市電 935
No.D700_141011-136
2014年10月11日
梅小路公園市電ひろば
京都市電 935

後年1900形に改造されていますが,オリジナルは1灯ですね。
(2014/10/18追加)
緑に溶け込んでます。やはり扉は両端にある方がバランス良く窓も揃って美しいです。
(2014/10/18追加)
No.D700_141011-138
2014年10月11日
梅小路公園市電ひろば
京都市電 935
No.D700_141011-142
2014年10月11日
梅小路公園市電ひろば
京都市電 703

折り戸の700形です。
(2014/10/18追加)
703は市電ショップになっています。9時台に行ったのでまだ営業時間前です。
(2014/10/18追加)
No.D700_141011-144
2014年10月11日
梅小路公園市電ひろば
京都市電 703
市章が輝く703号。深緑が鮮やかです。
(2014/10/18追加)
No.D700_141011-153
2014年10月11日
梅小路公園市電ひろば
京都市電 703
No.D700_141011-192
2014年10月11日
梅小路公園市電ひろば
京都市電 703


折り戸です。
(2014/10/18追加)
No.D700_141011-154
2014年10月11日
梅小路公園市電ひろば
京都市電 890


800形ラストナンバーの890です。最後までワンマン化改造はされませんでした。
(2014/10/18追加)
傾斜のついた前面3枚窓が上品な800形
(2014/10/18追加)
No.D700_141011-163
2014年10月11日
梅小路公園市電ひろば
京都市電 890
懐かしいにおいのする木の床と青いモケット。
(2014/10/18追加)
No.D700_141011-170
2014年10月11日
梅小路公園市電ひろば
京都市電 890
三菱製のマスコン
(2014/10/18追加)
No.D700_141011-174
2014年10月11日
梅小路公園市電ひろば
京都市電 890
No.D700_141011-179
2014年10月11日
梅小路公園市電ひろば
京都市電 890


運転席にはいすがありません。N電以来の伝統ですね。
(2014/10/18追加)
No.D700_141011-157
2014年10月11日
梅小路公園市電ひろば
京都市電 1605


こちらはオレンジラインの入ったワンマンカー1605です。
(2014/10/18追加)
No.D700_141011-158
2014年10月11日
梅小路公園市電ひろば
京都市電 1605


2灯化されたおなじみの顔です
(2014/10/18追加)
朝早いうちは見物客が少なく,写真撮るには最適です。
(2014/10/18追加)
No.D700_141011-164
2014年10月11日
梅小路公園市電ひろば
京都市電 1605
No.D700_141011-165
2014年10月11日
梅小路公園市電ひろば
京都市電 1605


正面窓の上は,下側が方向幕,上側はワンマンカの行灯です。
(2014/10/18追加)
No.D700_141011-181
2014年10月11日
梅小路公園市電ひろば
京都市電 1605


正面窓とバックミラー。
(2014/10/18追加)
低い位置に付けられた切り抜き文字
(2014/10/18追加)
No.D700_141011-183
2014年10月11日
梅小路公園市電ひろば
京都市電 1605
No.D700_141011-190
2014年10月11日
梅小路公園市電ひろば
京都市電 1605


ワンマンカー,1605の車内。赤いモケットと,木張りの床。
(2014/10/18追加)
サイドの ワンマンカー表記とオレンジ帯
(2014/10/18追加)
No.D700_141011-196
2014年10月11日
梅小路公園市電ひろば
京都市電 1605
890と並ぶ1605。24mmでギリギリ。
(2014/10/18追加)
No.D700_141011-198
2014年10月11日
梅小路公園市電ひろば
京都市電 1605
No.D700_141011-191
2014年10月11日
梅小路公園市電ひろば
京都市電 505


市電カフェになっている505。
(2014/10/18追加)
No.D700_141011-222
2014年10月11日
梅小路公園市電ひろば
京都市電 2001


梅小路公園の西側に置かれている2001号。
(2014/10/18追加)
No.D700_141011-224
2014年10月11日
梅小路公園市電ひろば
京都市電 2001


テールサインが目新しいです。
(2014/10/18追加)
この2001も休日の総合案内所として利用されています。雨ざらしなので痛みが心配です。
(2014/10/18追加)
No.D700_141011-225
2014年10月11日
梅小路公園市電ひろば
京都市電 2001
後ろの日通倉庫は見覚えあります。きれいに整備されましたね。
(2014/10/18追加)
No.D700_141011-231
2014年10月11日
梅小路公園市電ひろば
京都市電 2001
格調高い29号車。保存状態も良いようです。
(2014/10/18追加)
No.D700_141011-389
2014年10月11日
梅小路公園市電ひろば
京都市電  狭軌1型 29
No.D700_141011-391
2014年10月11日
梅小路公園市電ひろば
京都市電 狭軌1型 27


Liイオンバッテリ電源に改造されているオープンデッキの27号。これも新車の輝きです。
(2014/10/18追加)
1978年9月
No.N7801-4
1978年9月15日
五条坂
京都市電 1842

この時期,京都の市電は最末期を迎え,馴染みの深かった丸太町線や河原町線も既になく,外周線のみ運転されていました。それもこの9月30日で全廃になると聞き,小雨降る敬老の日,愛機ニコマート片手に上洛しました。五条坂に到着する頃には幸い雨も上がって市電最後の活躍を撮影できました。西大谷本廟前をゆく22系統の1800形です。
No.N7801-5
1978年9月15日
五条坂
1817と1800形


へたくそなためブレてしまっていますが,狭い電停に停車する京都駅行きの1817と烏丸車庫方面行き1800形のすれ違いです。撮影からほぼ30年経過しており,周りの車もみな古い。
No.N7801-11
1978年9月15日
祗園
1853


京都市電でも私にとって最も印象の深いのがこの祗園石段下です。京都駅行きの1853。祝日の国旗をつけています。四条線在りし頃は河原町から八坂神社を目指して東進してきた市電が南北どちらにも曲がれるようになっていました。そして,市電通過の度にポイントを渡る音が響いたものでした。
No.N7801-12
1978年9月15日
祗園
1853と1818


同じく祗園の電停です。烏丸車庫前行き1818と上の写真の1853がすれ違い。最後の活躍をカメラに収めようとするファンの姿も見受けられます。
No.N7801-13
1978年9月15日
祗園
1800形


八坂神社の石段の上から撮影。松ノ木がかかってあまりパッとしない出来です。後ろに弥栄会館の緑の屋根が見えています。
No.N7801-14
1978年9月15日
知恩院前
1910


1800形は正面窓上左右のルーバが台形であるのに対し,1900形は長方形であることで違いがわかります。白々しく門柱を入れて撮影。22系統九条車庫行き1910。
No.N7801-15
1978年9月15日
祗園
1862


やはり背景にこだわって祗園に戻って撮影しましたが,車を避けるのが難しくどうしても掛かってうまく撮れませんでした。せっかくここまで出てきたのにフィルム代を気にして枚数を撮らなかったので,その後一生悔やむことになりました。

 2008年1月20日 ページ新設

■参考文献
 沖中忠順 京都市電が走った街 今昔 JTBキャンブックス