N700系

 N700系は,300系や500系を置き換える目的を持って2007年7月から営業運転を開始した,東海道・山陽新幹線の第5世代の車両です。また,8両バージョンが新大阪−鹿児島中央間に"みずほ","さくら"として投入されています。N700系は500系置き換えのため,東海道区間で270km/h,山陽区間で300km/h (500系同等) で走行できる性能を持っています。
さらに,500系や700系では東海道に60箇所ある半径2500mの曲線区間では乗客に許容値を超える横G (横方向の加速度) がかかるため,255km/hの速度制限がかけられていました。N700系では,車体傾斜システムを導入することにより,当該曲線区間でも横Gを増加させることなく270km/h走行が可能となり,最大5分のスピードアップにつながりました。駆動方式はIGBTを用いたVVVFインバータにより,かご形三相誘導電動機を制御しています。16両編成では電動車14両,付随車2両の14M2Tで,700系の12M4Tより電動車比率を増やすことにより,700系で付随車に取り付けられていた渦電流ブレーキ(電磁誘導により制動力を得る機構)をなくし,常用ブレーキは回生ブレーキに統一して省エネ化しています。車両間の凹みをなくす"全周幌"の採用や遺伝的アルゴリズムにより生み出された独特の先頭部形状の空力特性の向上により,700系に比べ乗客一人当たりの消費エネルギーは約19%削減されています。
 一方,2013年に登場したN700A(Advanced)はN700系の改良型で,ブレーキ性能や振動,騒音低減に対して改善された他,定速走行装置が追加されました。この装置を使用すれば制限速度目いっぱいで走行できるので,列車が遅れた時の回復運転に威力を発揮します。

■番台区分
 ◆0番台:JR東海所属,16両,Z編成
 ◆1000番台:JR東海所属,N700A,16両,G編成
 ◆3000番台:JR西日本所属,16両,N編成
 ◆4000番台:JR西日本所属,N700A,16両
 ◆7000番台:JR西日本所属,8両,S編成
 ◆8000番台:JR九州所属,8両,R編成

2013年3月 
No.D700_130320-1
2013年3月20日
N700A G3編成
東海道新幹線 名古屋

定速制御を備えたN700系の改良型,N700A。G編成を名乗っています。ロゴのAが目印。内装はほとんど変わりません。車両の継ぎ目には全周幌(ほろ)が付いており,騒音を抑制し空力性能を向上させています。
No.D700_130320-2
2013年3月20日
N700A G3編成
東海道新幹線 名古屋

N700A,G3編成のノーズ。外観はN700Aのロゴ以外目だって変わったところはないようです。
No.D700_130320-3
2013年3月20日
N700A G3編成
東海道新幹線 名古屋

真新しいG3編成。今後このG編成が増えていきます。
2011年11月 
No.D700_111112-70
2011年11月12日
N700系と300系
東海道新幹線 東京

左はN700系N24編成。右はJR西日本持ちの300系,F7編成です。
No.D700_111112-75
2011年11月12日
N700系 Z16編成
東海道新幹線 東京

東京駅15番線から発車するN700系Z16編成です。全車禁煙も東海道・山陽新幹線ではこのN700系で実現しました。
No.D700_111112-78
2011年11月12日
N700系
東海道新幹線 東京

東京駅17・18・19番線に並ぶN700系。左がN24編成,中央がZ66編成です。先頭部は700系のエアロストリーム型を遺伝的アルゴリズムにより改良した"エアロ・ダブルウィング"形状です。
2011年4月
No.D200_110429-12
2011年4月29日
N700系 Z15編成
山陽新幹線 博多

Z15編成,東京方の先頭車784形式です。乗務員扉両脇の握り棒には騒音低減の仕掛けがあり,速度が70km/hを超えると凹みがなくなります。
No.D200_110429-14
2011年4月29日
N700系 S10編成
山陽新幹線 博多

新大阪から博多駅に到着するN700系S10編成。"みずほ","さくら"に使用されています。
No.D200_110429-29
2011年4月29日
N700系 S9編成
山陽新幹線 博多

鹿児島中央からの"さくら"が博多に到着。8両のS9編成です。

 2013年9月16日 作成

■参考文献
 Wikipedia 新幹線N700系電車