ED75
1〜100 101〜160 300番台 500番台 700番台 1000番台

 ED75の301〜310号機は,昭和39(1964)年度第5次債務発注により,鹿児島本線久留米〜熊本間の電化開業用として誕生しています。九州地区には既にED72,ED73形が使用されていましたが,整流器のすう勢はシリコンに移りつつあり,標準形式であるED75を投入することになったものです。もちろん,九州の周波数は60Hzであるため,機構的には東北地区ED75の60Hz版ということができます。仕様はED7540〜46をベースとし,周波数の変更点以外はほぼ同じ構成になっています。したがって,全く使用しないはずの電暖表示灯とKE3ジャンパ連結器も備えています。その後,昭和42(1967)年度第2次債務で鹿児島本線高速貨物列車増発用として311号機が増備されています。九州島内の特急列車,貨物牽引に活躍し,全機1986(昭和61)年までに廃車されました。

ED75 306
No.N8304-34
1983年3月7日
ED75 306
長崎本線 肥前白石→肥前山口


83年春の九州合宿で撮影したコマです。九州用60Hzの300番台は多分これ以外撮っていません。ED75 300番台は,ED73形の後継機として東北地区のED75を60Hz仕様としたもので,九州では使用することのない電気暖房装置がそのままにされています。写真の306号機は三菱電機・三菱重工により65年8月11日に落成し,門司機関区に配置されました。
(2004/11/21再スキャン)

■ 参考文献
 藤本勝久 交流・交直流電機出生の記録  8 鉄道ファン328 1988年8月号 交友社 (ED75 301〜310)
 藤本勝久 交流・交直流電機出生の記録 11 鉄道ファン332 1988年12月号 交友社 (ED75 311)


機関車番号 発注区分名 発注名目
ED75 301〜310 昭和39年度第5次債務 鹿児島本線久留米-熊本電化用
ED75 311 昭和42年度第2次債務 鹿児島本線高速貨物列車増発用


ED75
1〜100 101〜160 300番台 500番台 700番台 1000番台